賃貸を解約する時

賃貸の解約で気をつける事


トップ » 賃貸の解約で気をつける事
不透明こはく - 1/17の誕生石
誕生石ブログパーツ

もっと情報一覧

賃貸を解約する際の注意点

住んでいる部屋から違う部屋に引っ越す場合には、現在契約している部屋を解約しなければいけません。解約については必ず賃貸借契約書に記載されていて、途中までの場合にも契約書に記載されているのできちんと確認します。退去日が決まると、大家さんまたは不動産管理会社に連絡します。退去する前に、必ず部屋の片付けや掃除をして綺麗にするのがマナーです。あとは、賃貸の退去時にカギを決められた方法で返却します。後日、部屋の修理代の請求が来たりするので忘れずに払いましょう。敷金を払っている人は、差し引かれて振込などで返還されます。

契約を解約しての引越し

僕は一人暮らしをしている社会人です。賃貸アパートに住んでいますが、学生が多いアパートで毎年4月が憂鬱でした。入学生だと思うのですが朝までドンチャン騒ぎを繰り返しまくる。もう2年も耐えましたが限界です。学生だからしょうがないと割り切っていましたが仕事が多忙になるにつれイライラがマックスになってしまいました。不動産屋さんに相談もしましたが改善されず、規約更新の時期になったので解約して引っ越すことにしました。丁度いい賃貸物件も見つかり、早急に引越しの段取りを組んで引越しました。物件選びの条件を聞かれたときに騒音のない所をと切実に訴えたおかげか、すごく早くいい物件がみつかりました。